人生を変えたい人がすべきこと

人生を変えたい!

あなたはそう思いますか?人生、変えたい時が変えどきです。

あなたがそれに気づいてしまったのなら、もう変わらざるを得ませんね。(^ ^)

次の3つを変えられたらあなたの人生も劇的に変わります。

  1. 自分
  2. 友達
  3. 環境

日本で有名なコンサルタントの大前研一さんは「人生変えたきゃ友達と環境を変えろ」とおっしゃっています。

本当にその通りだと私も自分を通じて実感しています。ただその前に変えておかかねればならないものがあります。それが「自分」です。

より具体的にいえば「自分の意識と行動を変えろ」となります。

極論をいえば、「人生変えたきゃ自分を変えろ」で完結するといっても良いでしょう。

なぜなら自分が変われば全てが変わるからです。面白いのが、自分、友達、環境というものは、変えられるところから変えても一定の変化が得られるところです。

いきなり環境を変えられれば、友達も変わりますし、場合によってはその影響で自分も変わります。

友達をもし変えていけるのであれば、環境も変わっているということでしょう。

しかし良い心理状態、良い判断力がなければ、良い友達も良い環境にも巡り会えません。

結局は自分の「意識と行動」が変わったから、変化できたということです。となると、自分を変えることが人生を変える「根源」ではないでしょうか。そこに自分を変える答えがあることに帰結していきます。

このことは当たり前のことではありますが、できていない人が沢山いるのもまた事実です。

これからの時代は多くの人が「自分らしさ」を求める時代になると私は確信しています。これまでとは全く違った職業や常識が破壊され、新しいライフスタイルを実践する人がどんどん増えると確信しています。

そんな大変革の時代にあって、あなたにも本当の意味で幸福な人生を歩んで欲しいと思います。

ではどうやったら自分を変えられるのでしょうか?

人生を変えたきゃ自分を変えるのはわかりました。では自分を変えるには何が必要だと思いますか?

それには大きく分けて3つの分野を学び実践することです。

  1. 法則学
  2. 心理学
  3. メタ認知

法則学

法則学とは、この世界や人間社会に原則的に強いられているルールのことです。万有引力の法則などはあなたも良く知るところでしょう。

しかし、法則はそれだけではありません。ありとあらゆるところに存在しています。もちろん目に見えないものですが、人間は確かに法則の影響を受けて、その中で生きています。

法則を知らないで生きるということは、何も知らずに冬山を登山することと同じです。

心理学

心理学といっても大学で学ぶような小難しいものではなく、自分を知り、人を知るためのものです。

心理がわかると、生きるのが楽になります。人間は自分を大切にする気持ち、つまり自己肯定感が低いと何をやってもうまくいきません。

仕事も人付き合いも、自分の心も苦しくなります。心理学を学ぶことは自分を変えていくためにとても重要なスキームです。

メタ認知

メタ認知とは高次の認識力のことです。

わかりやすくいうと、哲学的な分野にも関連しますが、哲学者の言葉が参考になります。

無知の知 ソクラテス

「彼らは何も知らないのに知っていると思い込んでいるが、私は何も知らないということを知っている」

認識できないことを認識する。自分が分かっていないことを分かる。

つまり物事の本質が何なのかを理解する認識力。そういったものです。

メタ認知を身につけていくと、自分、他人、ビジネスに対してより高い認識ができます。

何が一番大切なのか、わかならい人の多くはこのメタ認知力がないために迷走していしまっています。

メタ認知を身につけることは、人生の楽しみをより広げ、自分を最大限に活かすことに必須の武器になります。

自分の人生を最大化させよう!

このサイトは私の成長のためであり、あなたの成長にも寄与して欲しいという想いのもと運営しています。

人は共に成長することで、大きな飛躍をする生き物です。あなたがこのサイトから人生を変えていけるヒントを手に入れて欲しい、そんな想いです。

自分の人生を最大化させていく大きなステップになりたいと私は思います。

投稿日:

Copyright© 山下まこと 公式サイト 成幸の言葉 , 2020 All Rights Reserved.