心理

自己肯定感が低いとビジネスでは成功できない理由

投稿日:2019年12月3日 更新日:

あなたは自分のことが好きですか嫌いですか?

ビジネスにおいて自分のことを、肯定できる存在として認めるか、逆に認めないかは成果に大きく影響します。

自己肯定感(じここうていかん)といいますが、これは文字通りに、自分という存在を基本的に認め、そして肯定している感覚のことをそう呼びます。

自分が嫌いな人は往々にしてビジネスで成功できないのですが、ここではその鍵となる自己肯定感というものについてお伝えしていきたいと思います。

自己肯定感が低いと何がどう問題なのか?

自己肯定感とは、自分の良い部分も悪い部分も含めて許容できる気持ちのことです。
わかりやすくいうと、自分がそこそこイケてると思うのか、イケてないと思うのかの度合いです。

仮に自分のことが基本的に好きとまではいかなくとも、まあ悪くはないよねって思えていることは大切ですよ。
そりゃそうですよね。自分という人間をコントロールし、プロデュースする責任は基本的には自分自身にあります。

あなたの人生の責任者は他のだれでもなくあなたです。
あなたがあなたの責任者です。

今のあなたの人生がうまく行っていないなら、建設的に考えて自分の責任です。
親の育て方が悪かったり、不遇な幼少期を過ごした人もいるでしょう。

確かにそれは不幸な境遇でした。しかし、今から先の未来に関してはあなた次第です。
それは絶対です。
親や友人があなたを幸せにしてくれることはありません。

人間は誰もが皆、自分の人生は自分が選んで決めていく責任があるからです。

自分という商品を売り込むとしたら?

自分という商品を人に伝えるのに、良い商品と思えてないとすれば、とてもじゃないが売ることはできませんよね。
人は好きでないもの、自信を持てないものを売ることはできません。

もしあなたが、自分のことが嫌いだと断言できてしまうなら、それは非常によろしくない状況といえます。

例えば、自分のことが好きでない人は、自分を良しとしていないので、人に対して自分を隠したり、控えめにして行動することが基本となります。
あるいは自分を大きく見せようとして、見栄を張ったり、他人をディスったりする人もいます。

自分に自信もないので責任を取るのが怖い。そのため、決断も避ける傾向にあります。
人に決断をしてもらうことを優先するため、やたらと相談することを好みます。
自分が分からないと思うのであれば、やはりもっと真剣に自分と向き合うことが必要という答えになります。

また自己を正当に評価することができないため、他人からの評価ばかりを気にするようになり、行動をいつも他者に合わせる形を選びがちです。
逆に自分を高く見せるために過大評価をしてしまい自分の実力を見誤りがちの人もいます。

このように
「他人からどう自分が見られるのかを気にしすぎ、さらにまずいのがそれを自分目線で解釈し最終的に自分でジャッジしてしまっている」のです。

回りくどい説明ですね(笑)私ははっきりいって文章が下手です。すみません。m(_ _)m

話を戻しますが、つまり自己肯定感が低い人は、人の目を必要以上に気にしていて、決断ができず行動もできない人が多いのです。

日本人の多くは自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人は日本人の場合は大半です。8割以上といっても過言ではないと思います。

内閣府の調査によると、先進国の中でも日本人の自己肯定感はダントツで低いそうです。
ドイツ、スウェーデン、アメリカ、イギリス、フランスなどと比べると、日本は憂鬱感を感じる人の割合が他国の平均よりも倍近く悪い数字が出ています。

また自分に満足している度合いも、他国よりも4割近く低く感じているそうです。

このことからも、いかに日本人が自己を肯定していない人が多いのかを理解することができるわけです。

特にビジネスにおいて、個人起業や副業をされている人でいうと、成功していない人に限って自己肯定感が低いことが特徴的です。

自己肯定感が低いと、決断力がなかったり、自分で何をしていいのかわからない、決まらない人が大半なので、当然ビジネスを自分で起こせなかったり、うまくいかなかったりします。

となると、ものには順番があることがわかります。

ビジネスで成功するために優先すべきことは自己肯定感を高めるということ。
これが重要ということになります。

私も経験があるのですが、一般的な起業塾はスキルやノウハウを学ぶ場なので、専門的に自己肯定感を高める指導はしません。
そりゃそうですよね。
私のように心理カウンセラー出身でもない人に、心理学を伝えることはできても、体験させることはできないからです。

私の講座では、ビジネスや人間関係になくてはならない自己肯定感を高める方法を実践的に学ぶ体験型講座を設けています。

どれだけ口頭で聞いてもテキストで読んでも、簡単には自己肯定感は高まりません。
体験講座でなくては、自分を変えるのは容易ではありません。

あなたが本当に成功したいのであれば、幸福になりたいのであれば、自己肯定感を高めるための体験型、実践型の学びが必要です。

-心理
-,

Copyright© 山下まこと 公式サイト 成幸の言葉 , 2020 All Rights Reserved.